NOW ON AIR

中西哲生のクロノス

放送番組基準

放送番組の編集に関する基本計画

株式会社エフエム秋田は民間の放送機関として、地域社会の実情にそくした文化的機能を発揮するとともに、商業広告と宣伝の媒体として産業経済の繁栄に貢献することを目的とする。
したがって、放送番組は公共の福祉増進の立場から常に品位を重んじ、世論を尊び、言論の自由と公正を貫き、自らの権威を高めるようなものとする。番組を企画、制作、編成するに当たっては、関係法令および株式会社エフエム秋田の放送番組基準に基づき、次の基本計画によるものとする。

(基本方針)

1.番組編成に当たっての基本方針は次のとおりである。

(1) 公共の福祉の増進と産業経済の繁栄に貢献する。

(2) 不偏不党にして、言論の自由と公正を貫く。

(3) 広告は真実に徹して、自らの権威を高める。

(4) 地域社会の実情にそくし、慎重かつ積極的な配慮のもとにローカル性と公共性 を発揮する。

(番組の種類と比率)

2.放送番組は、報道番組、教育番組、教養番組、娯楽番組などで編成、各番組相互間の調和と適正を保つようにする。

(教育番組)

3.教育番組の編集に当たっては次の要件を満たすものとする。

(1) 健全な国民としての知識、態度、習慣、技能等の資質を培うのに直接役立たせようとする積極的な意図のもとに編成する。

(2) 人文、自然、社会、科学等の配分を適正にし、かつ系統的に配列する。

(3) 学校向けの番組は、その内容が法令に定める教育課程の基準に準拠し、計画的組織的、および継続的に行う。

(4) 放送計画と内容をなんらかの方法であらかじめ公衆が知ることができるようにする。

(教養番組)

4.教養番組の編集に当たっては次の要件を満たすものとする。

(1) 職業や専門をこえて学問や芸術など一般精神、文化に対する理解を深め、それによって人間の諸能力を全体として調和的に発達させ、円滑な人格を培養するのに役立たせようとする積極的な意図のもとに編集する。

(2) 人文、自然、社会、科学等の内容の配分は、適正になるよう配慮する。

(娯楽番組)

5.娯楽番組は、地域社会の住民に心から喜ばれ、その生活内容を豊にするものとする。

(ローカル番組)

6.地域社会住民の民意を十分に反映させると同時に、地域社会の実情にそくした番組をできるだけ多く配慮して、地域性、公共性を十分発揮するようにする。
また、放送の機能である即時性、速報性の機能を高めるため、ローカルニュースの時間はできるだけ多くとるようにする。

(ネット番組)

7.番組をネットするに当たっては、特定の放送事業者のみから番組の供給を受けることとならないようにする。
また、教育、教養、娯楽の各番組が一日の放送時間の中でかたよらないよう配慮する。

(放送時間)

8.放送時間は原則として24時間放送とする。(但し月曜は午前1時から午前5時まで休止する。また、必要に応じて放送時間を延長する。)
天変地異の災害発生時は定時に編成した番組を変更して放送を行うことがある。

(広告)

9.広告に関する放送は、公衆の経済生活と産業経済の発展に資するものであって、番組の内容とよく調和しその量は番組基準に示されたとおりに行うものとする。

(番組審議会)

10. 番組審議会で話合いになった事項は十分に尊重し、番組にとり入れなければならないような意見は、直ちにとり入れるようにする。尚、放送番組基準は社団法人日本民間放送連盟が策定している放送基準に準じます。

 

尚、放送番組基準は社団法人日本民間放送連盟が策定している放送基準に準じます。